美容クリニック開業の基礎知識を学んでおこう

開業するには経営の勉強が必要

開業するには経営の勉強が必要良い口コミが集まるように対応集客の次はスタッフ問題

国家医師試験に合格し、無事に医師になれたとしてもいきなり独立することができません。
通常は、どこかの病院に勤務することになり私もそのようにしていました。
しかしずっと勤務していると無茶な労働条件になっているケースも少なくありません。
特に研修医のこれは非常に勤務時間が長く続けるのも大変でした。
寝不足な毎日のように続くと身体もまいってしまいました。
実際に私も、病院に運ばれそうになったことがあります。
医者が病院に運ばれると言うのも洒落のような話ですが、実際にあり得る話です。
そして、正式に病院の先生になってからも、自分の思い通りにいかないことがたくさんありました。
私の家は、医者ではなかったため自分の病院をすぐに持つことができませんでした。
もし自分の病院や物にしても、最低でも5年ぐらいは修行が必要と感じたわけです。
晴れて5年が経過した後、私は美容クリニックを開業しようと考えました。
美容クリニック開業の基礎知識を学ぶなければいけませんが、これはどちらかと言うと医者としての知識ではなく経営の知識が重要だと判断したわけです。
医者としての経験がいくらかあったとしても、たくさんの患者さんが来てくれるわけではありません。
ちょうど美容クリニックも人気が出ており、全国至る所に存在している状態です。
その中から赤字にならずにうまく経営をするためには経営に関する勉強が必要だと考えたわけです。

K理事長来旭。
今のクリニックの問題点を共有。
そして、経営と実践をどう折り合いをつけてやっていくか、教えて頂きました。
院長になったからこそ、学ぶとよりうまくやれるような事柄が出てきていて、まだまだ身につけることは沢山あるのだなと実感しました。
これはフェローでは学べないことかも。

— 八藤 英典(はっとう ひでのり) (@FamilyDoctor810) June 30, 2010